Album 望 NOZOMI 全曲解説by Chuma

1. 望
待望のバンドバージョンです!
コーラスやストリングスをフューチャーしたロックオーケストラを目指しました。
「僕は負けないぞ、君も負けないで」
そんなtaishoの本気のメッセージが伝わる内容になったと思います。

2. ファイト!(Spirits version)
企画CD「Stories」に入っていたバージョンの、歌だけを残して演奏を全て差し替えました。コードも変更もしています。
いわば「ギターロックバージョン」です。
taishoの歌詞をストレートに伝える、まさに「魂」バージョンに仕上がったと思います。

3. トワにトモよ(MV Vocal.Spirits version)
こちらもCDでは「Stories」に入っていたもの。 この曲も、より「魂」バージョンにしたく、ミュージックビデオのtaishoの歌を使い、演奏を全て差し替えました。
「Stories」でも「MV」でもない、トワにトモよ最高のバージョンに仕上がったと思います。

4. ワンウェイボーイ
尼崎のイベントでのCD無償配布。そして期間限定ダウンロードをした曲です。
今回正規の形で残したく、収録しました。
ミックスダウンからやり直し、一部音追加もしています。

5. Heaven!
こちらも「ワンウェイボーイ」と同じ意図から収録しました。 ミックスダウンからやり直して、最良のバージョンになったと思います。
これも歌詞が熱い!

6. ラストエブリデイ(Oldies but Goodies version)
ファーストDVD「Re Start Re Born」のエンディングで使った曲の初CD化です。
DVDの時はギターと歌だけのアコースティックバージョンでしたが、バンドサウンドを追加しました。
音を追加することで雰囲気を壊すならやめようと思っていましたが、より70年代の古き良きバラードを感じるような、素敵な仕上がりになったと思います。

7. 手紙(“望”piano solo)
「望」のピアノソロが欲しい!
そんなWDRSの思いにtaishoと旧知の仲でありクレイジーケンバンドKey.の高橋利光さんが応えて下さいました。
高橋さんがtaishoに演奏音源を送ったメールに「僕からの手紙です」と書いてあったそうです。 今のtaishoへの気持ちを全て演奏に込めた。そんな意味だと受け取りました。
だからタイトルも「手紙」。
愛に溢れた演奏です

Bonus Track
8. Summertime Blues(1985 Recording. from"Western kids omnibus 2")
17歳のwanderersで、taishoの行方が分からなかった時に、パンクオムニバス「western kids omnibus2」の話が来て、残った3人で録音したものです。
ボーカルは自分がしましたが、オリジナル曲を入れたくなくて、当時(今も)大好きだったロックンロールをカバーしました。
スタジオでマスターテープからカセットテープに落としてもらった音源をマスタリングした、初CD化作品です!

9. Asia (New frontia mix)
ライブで二回使ったDJ.Nobu Kingによるリミックスです。 メチャクチャ渋いです。
ぜひ世界中のクラブでかけてもらいたい!!(笑)
(DJ.NOBU KINGことkochiより)
ALBUM1986より「ASIA」のリミックス。EDRM(エレクトロニック・ダンス・ロックンロール・ミュージック)で踊れちゃうWDRSだぜ。ダンスミュージック全盛の今、テンションマックスでブンブンになってくれるとハッピーだぜ!シェケラ!




ウィンドウを閉じる